2018年02月15日

スラットナー その1

以前にもこのブログで書いたのだが
「エラン RACE GSX 182cm」
http://nwsakawa.sblo.jp/article/178075115.html
経営多角化に失敗したエランはまず身売りを余儀なくされ
2015年7月にロシア資本傘下(一部はBank of America出資)となり
不採算事業を一気に切り捨てる事になった。
その後ジャンプ部門も売却もしくは閉鎖が決定したのだが
このときエランにはスロヴェニアの英雄プロヴィッツ兄がいた。
そして我が日本の高梨沙羅もエランを使っており
なんと2015-16シーズンのワールドカップの男女総合王者がいたのだ。
これは実のところビジネス的には絶好のタイミングとなるのだが
あいにく撤退が相次ぐジャンプ板に興味を示す酔狂者はおらず
スロヴェニアスキー連盟が全面バックアップして
スラットナー社が銀行融資を受けて買収の運びとなった。
スラットナー社は元々は金属加工の小さな工場会社だったが
二代目社長元ジャンパーのペーター・スラットナーがスラットナーカーボンという
革新的なジャンプ用ビンディングの大量生産を可能にして
一時期ワールドカップでの使用実績が8割を越える大ヒットになった。
そしてエランジャンプ部門買収とともに勝負に出てきた。
まずはカーボン繊維を使ったジャンプ用ブーツの開発販売と
アルペン用スキー板の開発販売である。
そしてアルペン用スキー板は日本のみで先行販売となり
スラットナーアジア(ここはスラットナージャパンで良かったような)
という現地法人会社を設立して市場への食い込みを狙う。
高梨の板にカタカナでスラットナーとあるのはこのためである。
(勝手に続く)

備考
高梨はエランからスラットナーへの譲渡後に
両親とともにスロヴェニアまで出向いて
スラットナー本社を訪問して今後のサポートを確認している。
posted by 加茂のヤクザ@管理人 at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー・スケート

2018年02月05日

高知県民スポーツフェスティバル

2/4(日)に久万スキーランドで行われた
「高知県民スポーツフェスティバル スキー・スノボの部」
にエントリーしてみた。
実に20年ぶりの大会出場となるのだが
(GSとなると22年ぶり)
今更ワンピ着て本気モードになるつもりもなく
今年新調した普通のスキーウェアで出場。
受付開始が15時なので一時間前に到着して滑ってみたが
あまりの混み具合に一本だけで終了。

旗門数も12旗門とほぼ高速系のみの経験しか無いのでつらい。

s-IMG_6157.jpg

スタートから

s-IMG_6158.jpg

普通のウェア組では一番だったので納得。
それにしてもナイターで滑ったのも20年ぶりだし
土日の混んだゲレンデで滑ったのはさらに24年ぶり。
posted by 加茂のヤクザ@管理人 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー・スケート

2018年01月18日

セニック RX4 ナビ取付

仕事上の問題でナビを取り付けざるを得なくなった。
セニックRX4は欧州車特有の1DINサイズなので選択肢は限られる上に
受け渡し予定の地点データがゴリラのデータということで
パナソニック ゴリラ「CN-G1100VD」を購入。
付属の純正スタンドではどうやっても取付ができないので
タブレット用の汎用アームスタンドを探して追加購入。
https://store.shopping.yahoo.co.jp/univarcshop/S0109.html

s-IMG_6116.jpg

シートレールを苦労して取り外し何とか設置完了。

s-IMG_6117.jpg

ところが純正スタンドを使用しない場合は車載モードにならないことが判明。
これだと要するに
1 充電不可
2 VICS受信不可能
3 Gジャイロ動作不可能
無料の地図更新と並ぶメリットだったVICS受信ができないのは痛い。
おまけにGジャイロがダメだとやはり肝心のナビ精度ががた落ち。
純正スタンドの差し込み部分がスイッチになっているだろうと判断して
倉庫に転がっていた1.6mmIV線を加工工夫して差し込んでみた。

s-IMG_6151.jpg

何とかこれで純正スタンド同等となったようで一件落着。
しかしそれならそれでカタログにきちんと注意書きするべきだろう。
Gジャイロ動作だけはカタログに小さく
「取付スタンド装着時のみに機能します。
 電池駆動時には機能しませんのでご注意下さい。」とあった。

現在ナビは各社が撤退縮小しており1DINサイズはまったく市場にない。
知り合いの欧州車ユーザーも純正以外のナビとなると
まともなメーカーはパナソニックゴリラぐらいなので
(海外製廉価品は地図パクリだしY社製品は燃えるし)
みんなゴリラを購入しているがこういう点はパナソニックほどのメーカーなら
きちんと注意書きすべきであろう。
取説に注意書きだと既に購入後なので実質敗北者だろう。
カタログ・Webサイトできちんとアナウンスすべきであり
これはある意味で欠陥ではないだろうか。
posted by 加茂のヤクザ@管理人 at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2018年01月16日

セニック RX4 雪上走行

先週末の寒波でRX4の走破性能に感心した次第。

岩柄も今季は11月から異常に冷え込んでおり水道も早々に凍結したものの
積もるまでの雪が少なかったためなかなかRX4の性能が確認できず。
先週末からの寒波で10cm以上の積雪となり格好の機会となった。
町道終点からのラスト50m(勾配15%ぐらいとヘアピンあり)を軽く登り
おまけに最後の広場でUターンして帰りはバックせずに下れた。
今日の状態で登れたのは今まではジムニー・アトレー・アクティだけで
Uターン出来たのはジムニーだけだったので
(全車BSかミシュランのスタッドレス 当然四駆)
最近は雪があると登らずに町道終点の広場に駐車していた。
前愛車HR-Vでは帰りのヘアピンが怖いので
一度も登ることすらしなかったのだがRX4は平気だった。

s-IMG_6140.jpg
Uターンできるとは・・・・・・。

s-IMG_6141.jpg
激下り、危険なヘアピンもあるし

途中の山道でも前愛車のHR-Vだとタイトなコーナーでは
一瞬遅れてリヤが流れていたケースがよくあったがRX4は問題なく
これは後輪へのトルク配分が極めて適切だという感じ。
登りでも下りでもスタンバイ方式の欠点であるトルク配分遅れがなく
安心して走ることができ驚いた。
スタッドレスは同じ銘柄なのでこれは間違いなく車の性能だろう。
途中吹きだまり50cmでもぐいぐいラッセルして
これまたHR-Vだとショベル担いで雪かきだったのが嘘みたいな状態。
HR-Vも悪名高いホンダのポンプ式スタンバイ四駆だったものの
車重自体が軽量なのでスタックしたことはなかったがリヤ流れは多く
ここまで違う物かと驚いた次第であった。
posted by 加茂のヤクザ@管理人 at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2018年01月12日

2018 岩柄冬景色

今季一番の寒波で冬景色。

s-IMG_6142.jpg

いつもなら昼間に溶ける場所でもそのまま。
昨年秋にTさんが亡くなった、98才の大往生だった。
一昨年暮れに岩柄を下りて入院したのだが
草刈をする際の土地境界を聞きにいったのが2月。
耳は遠くなったもののまだ大丈夫かと思っていたのだが。
これで自分が岩柄に行くようになって17年で7人が鬼籍入り。
4人が岩柄を下りて入院したままとなった。
posted by 加茂のヤクザ@管理人 at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 池川のこと