2017年05月20日

桜井孝雄と村田諒太

ホームでダウンも奪いながらの判定負け。
まるで49年を経てリプレイを観ているかのようだった。

49年前の登場人物は故桜井孝雄氏(1941-2012)。
今回は村田諒太、もはや多くを語るまい。
ダウンを奪ってポイント計算をし始めた時点でジ・エンド。
攻められて下がるのならアウトボックスをすればいいのだが
その距離は村田の距離ではない。

ゴロフスキン一強のミドル級でこの体たらくでは・・・。
posted by 加茂のヤクザ@管理人 at 22:18| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記