2018年06月24日

メインマシン交換

メインで使っているデスクトップが10年目に突入。
10年間一度もフリーズしなかった良いマシンだったが
Athlon64の4GhzでXPから7にアップしたもののさすがに苦しい。
仕事の画像を貼り付けたexcelファイルなどを開くと息も絶え絶え。
もはやマルチタスクどころではないのでここで交換とあいなった。
AMD派の当方にとって選択肢は自作あるのみ。
幸いスペースには困らない田舎の家なのでATXフルタワー。

CPUはAMD Ryzen5 2400G、ゲーマーではないのでGPU内蔵で十分。

IMG_6476.jpg

マザーはAsus ROG STRIX B350-F GAMING やや古いがかつてのハイエンド。

IMG_6477.jpg

SSDはインテル 545S 256GBをメインドライブに購入し
前マシンから Transcend 256GBをデータ用に移植。
メモリは16GB 電源は玄人志向 KRPW-N600W/85+ と決定。
ブルーレイドライブは前マシンから移植。
PCケースは予算オーバーだったが整備性とデザインから
Fractal Design Define CS4989 FD-CA-DEF-R5-WTに決定。

IMG_6479.jpg

IMG_6480.jpg

IMG_6481.jpg

このPCケース基本的に5インチドライブ以外はすべて右パネルの脱着のみで
取り外しができるのと2.5インチのマウンターもついている。
今回は不要だが3.5インチ取付用には衝撃緩衝用のゴムも付属しており
上部のスイッチ・コネクタとともに非常に使いやすい。

昨日夕方から組み立て始めてOS(Win10 Pro)インストールまで昨夜終了。
今朝からアプリ類のインストールとデータ復旧で昼前に終了。
総費用は約9万円弱だった。
posted by 加茂のヤクザ@管理人 at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・電気関連