2015年07月05日

20150621 千段ノ滝沢

梅雨の合間の晴れ間に今年最初の沢登り。
面河川支流の鉄砲石川千段ノ滝沢へと出向く。
参加者は当方・N氏・K氏の3人、K氏は初めての沢登り。
アメゴ釣りをしていたそうで基本装備は持っている。
s-IMG_20150626_0002.jpg
6時半に越知町宮ノ前公園に集合して出発。
国民宿舎面河に断ってから第二駐車場に駐車させていただく。
8:40 鉄砲石川キャンプ場730m付近から入渓。
入渓点を振り返って一枚。
s-IMG_2243.jpg
8:45 流木が流れをふさいで隙間を探して登る。
8:56 スラブを快適に登る。
s-IMG_2244.jpg
9:05 13mはフリーで登れない事はないが
ロープワークに慣れたいというK氏の希望もあってザイルを出す。
トップで登り上の立木にビレイする。
s-IMG_2246.jpg
上を見ると快適に登れそうな滝が続いている。
s-IMG_2247.jpg
小滝もところどころにありすべて直登する。
s-IMG_2250.jpg
5mナメ滝は逆S字で登るが折り返し最初の一歩がやや悪い。
s-IMG_2251.jpg
10:44 9m滝は水流付近にホールドも豊富にありフリーで快適
s-IMG_2255.jpg
11:00 15m滝は右側の直登も可能だと思うがヌルついているので回避。
右岸の枝沢を登り一度ハーケン打ち込んでビレイ(回収)をとる。
上の草付きをトラバースしてハーケン打ち込んで再びビレイ(これも回収)。
s-IMG_2257.jpg
11:35 6m滝は一度左側にカムでビレイをとって折り返す。
水流右手を登るが最後の一歩が悪く悩むが残置ハーケン発見。
ここでビレイをとってそのまま上に登り切る。
s-IMG_2265.jpg
12:08 赤っぽい12m滝下で昼食。お湯を沸かして今日はシーフードヌードル。
13:00 出発、12m滝はフリーで登れるが高さがあるのでザイルを出す。
この後も次から次へと小滝が続き飽きさせない。
14:30 岩の間から水が湧き出ている源頭へ(1,460m付近)。
s-IMG_2276.jpg
カップにすくって飲むと少し甘い冷たい清水だった。

この後本来なら五代ヶ森から東にある稜線へ出て踏み跡を下るべきだったのだが
当方の勘違いで源頭付近から少しトラバースして下ってしまった。
笹の中を藪漕ぎして少しずつ左へ向かいながら下っていたが
一向に踏み跡が見つからないまま標高1,150m付近まで下ってしまった。
時間は17時前になり登山届の下山予定時刻16時を過ぎていたので
所轄の久万高原警察署に携帯電話で一応連絡を入れる。
現在地の把握はできているので最悪ビバークとなっても問題ないことを伝える。
思った以上に左岸を沢に近づいておりこのまま下ると崖で行き詰まると判断。
人工林と天然林の境を登り返しながら北側に向かう。
境目にはどこかで杣道があるので行き当たるまでは下らないと同行両名に伝える。
予想通り400mほど進むと登山道と言っても間違いないような杣道に出会った。
どんどん下って18時過ぎに駐車場着。
無事下山の連絡を久万高原署に一報し帰路についた。
事前に地形図を確認したつもりであったが何故か勘違いをしてしまい
同行の両名には迷惑をかけてしまった。

入渓から源頭までの標高差が700M少々ある上に下山ルートが明瞭ではないが
全ての滝が直登でき(フリーで登ろうと思えば可能)楽しめる沢であった。
posted by 加茂のヤクザ@管理人 at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 沢登り・登山
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/149227467
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック