2017年02月17日

エラン RACE GSX 感想その2

エラン RACE GSX の滑走感想について。

ソルファ小田は約1kmのコースがあるとはいえバリエーションはない。
花見山だと最長2.5kmのほかにもざっくり5コースある。

やはり圧雪されていないコブだらけの狭いコースでは厳しい。
まあラディウスが19.8になっているだけの純GSモデルなので
スピードが乗らないとターンのきっかけに苦労するのは当然。
大回りのできるバーンなら圧雪されていなくても多少のコブは平気だ。
トップを早めに切り込んで板全体に加重すれば思いのほか曲がる。
ここで内エッジを引っかけるとかなり暴れん坊になってしまい
エラン自慢のアンファビオ(左右非対称)のデメリットが一気に出る。
どちらかというとアンファビオ自体がSL向けではないかと感じるものの
基本に忠実に加重抜重をしていれば良いレース板ではないだろうか。
posted by 加茂のヤクザ@管理人 at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー・スケート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178802263
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック