2018年05月07日

仁淀川

営利のみを目的とした県外業者の乱立によって腐り果ててゆく。
そんな仁淀川の売り出し方を誰が望んだのだろう。
そんな仁淀川の売り出し方を誰が招いたのだろう。

どういう計算をしたらまともな経済効果が出るのか。
何もかも大手業者の言いなりの奴隷ならば楽だろう。
最後に責任をとらなくていいのは役人の常だから。
都合の悪いことは何一つ説明もせず嘘ばかりつき
都合の良い時だけ圧力をかける恥知らずとはこの事なり。
posted by 加茂のヤクザ@管理人 at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183176453
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック