2017年10月23日

村田vsエンダム 2nd

ガードを上げてアップライト気味に撃ち合う。
アマ出身のボクサー正統派スタイルである。
かつて渡辺二郎と戦ったパヤオ・プーンタラットなど。
ただしこのタイプは攻撃が直線的になりやすいので
そこを狙い撃ちされると脆い。
昨夜の村田は前回ダウンを奪った右ストレートを中心に
左のボディフックを織り交ぜて角度を変えた攻撃だった。

今のミドル級戦線で一番与しやすしと観られるのは村田であり
当然オファーも殺到するのではないか。
その中で相手を選んで成長しつつ衰えの見えつつある絶対王者ゴロフスキンに挑む。
これからは真の意味でマッチメークと日々のトレーニングが問われる。
posted by 加茂のヤクザ@管理人 at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月19日

奢り

「私を支持しなかった人、・・・・・・・」
・・・については記憶が定かでないので省くが
これが8年前の某衆議院の当選後に出た台詞。
対立党のド素人候補に追い詰められたとはいえ
絶対与党で弁護士出身の人が吐く台詞ではなかった。
その後も同地域の大酒飲み同僚と共に失言を繰り返したが
業界団体や自治関係者の圧倒的支持もあり今回も当選するのだろうか。

対立候補は筋を通したとは思うが
ならば何故国籍問題支持の点でマイナスを作ったのだろうか。

でも自分は一生忘れない、あの当選直後の有頂天状態で出た台詞こそ本音。
これがこの人の本性だと。
posted by 加茂のヤクザ@管理人 at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月20日

桜井孝雄と村田諒太

ホームでダウンも奪いながらの判定負け。
まるで49年を経てリプレイを観ているかのようだった。

49年前の登場人物は故桜井孝雄氏(1941-2012)。
今回は村田諒太、もはや多くを語るまい。
ダウンを奪ってポイント計算をし始めた時点でジ・エンド。
攻められて下がるのならアウトボックスをすればいいのだが
その距離は村田の距離ではない。

ゴロフスキン一強のミドル級でこの体たらくでは・・・。
posted by 加茂のヤクザ@管理人 at 22:18| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月15日

HR-V スロットルバルブ清掃

愛車HR-Vのアイドリングが不安定で燃費も悪化傾向。
ホンダディーラーでメカニックに聞いたところ
スロットルバルブの汚れだろうとの事。
完治はしないだろうが清掃すれば改善されるということで
以前の愛車シトロエンBX/XMでも何度かやった部分である。
(つまり高年式の過走行車を乗り続けている証拠だが)

まずはネットでワコーズのクリーナーを入手。
s-IMG_5226.jpg

ボンネットを開けてエアークリーナーの先のダクトを外す。
s-IMG_5227.jpg

あとは説明書通りの作業。
作業前
s-IMG_5228.jpg

作業後
s-IMG_5230.jpg

+ロングドライバー一本で出来る10分足らずの作業だった。
posted by 加茂のヤクザ@管理人 at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月06日

京セラ TORQUE X01

6年余にわたり修理に修理を重ね修理対応期間も終了した
私のガラケーG'zONEは遂に再起動を繰り返したあげくほぼご臨終。
代替機種もないので半ばヤケクソ投げ出し状態で放置していた。

s-IMG_5161.jpg

とはいえさすがに苦情も殺到していた矢先に
後継機種として京セラ製「TORQUE X01」がauから発売。
意地もここまでと機種変更したのだが・・・・。

G'zONEは実によくできたガラケーで以下の用途であれば最強だった。
1 頑丈(外仕事メインの人間にはこれしかなかった)
2 通話がほぼ全て(Eメールやネットはどうでもよい)
3 電池持ち(隠れた利点がこれ)

製造元のカシオはこの分野から撤退したので京セラ製になるのは仕方がない。
よってインターフェースが違うのは諦めるとしても
1 結局の所Androidを搭載した中途半端なスマホ
2 1故におきてくる料金プランの貧弱さ
3 電池消耗(G'zONEのほぼ半分)

特に2の料金プランの問題は実に切実で一考を要する。
カケ放題にするとデータプランがほぼ一択となってしまい
従量課金の恐ろしい無制限プランかもう一つ
500kb以上使わなければゼロで使うと上限四千いくらとかいうプランで
一見お得に見えるがこれが悪魔のように曲者な料金プランである。
何もしていないのに機種変更わずか一日半で250kbも消費してしまったが
これは内蔵されているアプリの自動アップデートによるものらしい。
結局Wifi以外のネットワーク接続を全て無効に設定して
(要するに自宅の無線LANか公衆Wifiしか使えないようにする)
料金加算をやめるしか選択肢がなかった。

まあ今更数少ない非スマホユーザーに対して従来のOSを更新して
新機種を販売するメリットはないからAndroid搭載となったのだろうが
もう少し作り込みをする余地はあったのではないかと思う。
これしかないからこれにさせられたという感じはつきまとう。
posted by 加茂のヤクザ@管理人 at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記