2016年09月04日

20160901 床鍋谷

今シーズン二度目の沢登りは赤石山系床鍋谷へ。
同行のM氏とは久しぶりのパーティーとなる。
過去2回の赤石遠征は台風や諸事情で流れたので三度目の正直。
前夜発で別子銅山登山口にでテント泊、翌朝床鍋へ。

8:22 堰堤すぐ上から入渓する。水量は少ないようだ。
小滝をいくつか越えて斜滝4x8mを左岸から巻く。
8:44 美しい流れの斜滝9m
s-IMG_4785.jpg
真ん中付近に手がかりがなく直登は諦め左岸を巻く。
8:50 2条2mは左側を直登。ここからちょっとゴルジュが続く。
s-IMG_4786.jpg
思ったよりつるつるで若干手間取る。
s-IMG_4787.jpg
9:10 小釜を持ったナメ滝。
s-IMG_4789.jpg
泳いで取り付き滝見を直登する。
この後は両側が岩壁になって滝場が続くがいずれも直登できる。
9:15 滝場最後の12m滝。左側を巻く。
s-IMG_4790.jpg
泳いで取り付こうと思ったが滝見を潜れそうなのでトライ。
s-IMG_4791.jpg
9:28 18m滝、左岸を巻いて落ち口に立つ。
s-IMG_4792.jpg
トラバースがかなり高度感あるので慎重に行く。
この後も滝は続くがすべて直登可能。
10:21 2段ナメ滝15m。
s-IMG_4795.jpg
高度感はあるもののホールドは豊富でフリー直登。
s-IMG_4796.jpg
10:32 四国電力の送電巡視路
ナメ滝をいずれも直登で越えてゆく。
10:50 2段40m
s-IMG_4799.jpg
これも滝見を直登したが最後の一手がやや悪かった。
s-IMG_4800.jpg
昼寝中を起こされて実に不機嫌な谷の親方。
s-IMG_4802.jpg
11:35 登山道と合流し遡行を打ち切る。このまま昼食。
12:20 稜線まで登ることにするが荷物は置いて空身(カメラのみ)。
12:45 権現越え到着、瀬戸内海がうっすらと見えている。
s-IMG_4804.jpg
13:15 遡行終了点から下り始める。
14:39 床鍋の車デポ地点着。

今回は関西起点沢登りルート100(山と渓谷社)の遡行図を参照にした。
ロープを一度も出さなかったのでかなり早く遡行完了した。
posted by 加茂のヤクザ@管理人 at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 沢登り・登山

2015年07月05日

20150621 千段ノ滝沢

梅雨の合間の晴れ間に今年最初の沢登り。
面河川支流の鉄砲石川千段ノ滝沢へと出向く。
参加者は当方・N氏・K氏の3人、K氏は初めての沢登り。
アメゴ釣りをしていたそうで基本装備は持っている。
s-IMG_20150626_0002.jpg
6時半に越知町宮ノ前公園に集合して出発。
国民宿舎面河に断ってから第二駐車場に駐車させていただく。
8:40 鉄砲石川キャンプ場730m付近から入渓。
入渓点を振り返って一枚。
s-IMG_2243.jpg
8:45 流木が流れをふさいで隙間を探して登る。
8:56 スラブを快適に登る。
s-IMG_2244.jpg
9:05 13mはフリーで登れない事はないが
ロープワークに慣れたいというK氏の希望もあってザイルを出す。
トップで登り上の立木にビレイする。
s-IMG_2246.jpg
上を見ると快適に登れそうな滝が続いている。
s-IMG_2247.jpg
小滝もところどころにありすべて直登する。
s-IMG_2250.jpg
5mナメ滝は逆S字で登るが折り返し最初の一歩がやや悪い。
s-IMG_2251.jpg
10:44 9m滝は水流付近にホールドも豊富にありフリーで快適
s-IMG_2255.jpg
11:00 15m滝は右側の直登も可能だと思うがヌルついているので回避。
右岸の枝沢を登り一度ハーケン打ち込んでビレイ(回収)をとる。
上の草付きをトラバースしてハーケン打ち込んで再びビレイ(これも回収)。
s-IMG_2257.jpg
11:35 6m滝は一度左側にカムでビレイをとって折り返す。
水流右手を登るが最後の一歩が悪く悩むが残置ハーケン発見。
ここでビレイをとってそのまま上に登り切る。
s-IMG_2265.jpg
12:08 赤っぽい12m滝下で昼食。お湯を沸かして今日はシーフードヌードル。
13:00 出発、12m滝はフリーで登れるが高さがあるのでザイルを出す。
この後も次から次へと小滝が続き飽きさせない。
14:30 岩の間から水が湧き出ている源頭へ(1,460m付近)。
s-IMG_2276.jpg
カップにすくって飲むと少し甘い冷たい清水だった。

この後本来なら五代ヶ森から東にある稜線へ出て踏み跡を下るべきだったのだが
当方の勘違いで源頭付近から少しトラバースして下ってしまった。
笹の中を藪漕ぎして少しずつ左へ向かいながら下っていたが
一向に踏み跡が見つからないまま標高1,150m付近まで下ってしまった。
時間は17時前になり登山届の下山予定時刻16時を過ぎていたので
所轄の久万高原警察署に携帯電話で一応連絡を入れる。
現在地の把握はできているので最悪ビバークとなっても問題ないことを伝える。
思った以上に左岸を沢に近づいておりこのまま下ると崖で行き詰まると判断。
人工林と天然林の境を登り返しながら北側に向かう。
境目にはどこかで杣道があるので行き当たるまでは下らないと同行両名に伝える。
予想通り400mほど進むと登山道と言っても間違いないような杣道に出会った。
どんどん下って18時過ぎに駐車場着。
無事下山の連絡を久万高原署に一報し帰路についた。
事前に地形図を確認したつもりであったが何故か勘違いをしてしまい
同行の両名には迷惑をかけてしまった。

入渓から源頭までの標高差が700M少々ある上に下山ルートが明瞭ではないが
全ての滝が直登でき(フリーで登ろうと思えば可能)楽しめる沢であった。
posted by 加茂のヤクザ@管理人 at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 沢登り・登山

2015年04月12日

中津明神山縦走

中津明神山からカラ池への縦走を前々から計画していたが
車の回送や天候もあってやっと昨日決行した。
6時に越知宮ノ前公園に集合、参加者は合計4名。
まず大規模林道沿いの雑誌山登山口に一台車をデポする。
R439からR33を走り久万高原町中津から登山口に向かう。
名野川ではなくたまにはこちらから登ってみよう。

8:33 出発、しばらくは急登が続く。
   標高1,320m付近からは緩やかに笹の中を登る。
s-IMG_2088.jpg

ガスっていたが少しずつ途切れ始め振り返ると雲海が広がっていた。
s-IMG_2090.jpg

9:53 中津明神山頂着
   先は長いので休憩もそこそこに歩き出す。
s-IMG_2092.jpg

10:22 林道分岐点
   ここからは2kmほど林道歩き
11:02 カラ池縦走登山道分岐
s-IMG_2095.jpg

稜線からは吾川スカイパークがよく見下ろせる。
s-IMG_2096.jpg

笹原の気持ちよい尾根歩きが続く。
s-IMG_2097.jpg

12:42 カラ池着 昼食
13:35 出発
   当初は車デポ地に向かう予定だったが雑誌山へ登ることにする。
14:05 西雑誌山
14:20 雑誌山山頂
s-IMG_2101.jpg

14:50 雑誌山登山口の車デポ地着
今日縦走したコースがよく見渡せる。
s-IMG_2102.jpg
車の回収をして越知宮ノ前公園で解散したのは17時だった。

ほとんどが稜線の尾根歩きで眺望も良いコースだが
コースタイムを見てわかる通り車の回送に時間がかかるのと
コース自体も長丁場なのと吹きさらしの尾根なので
風の強い日はかなり厳しいコースになるだろう。
posted by 加茂のヤクザ@管理人 at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 沢登り・登山

2015年03月03日

2月28日 筒上の滝

戻り寒波で冷え込んだので筒上の滝へ。
通行止めゲートからMTBで名野川越え分岐のヘアピンへ。
標高1,050m付近からはかなりの積雪が残っている。
登山道を外れてラッセルしていくと予想通り氷結していた。

s-IMG_1972.jpg
全景

s-IMG_1973.jpg
上部

s-IMG_1974.jpg
下部
posted by 加茂のヤクザ@管理人 at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 沢登り・登山

2015年02月01日

2015/1/31 土佐矢筈山

中西部に住んでいる関係からなかなか東部の剣山系には行かないが
久しぶりに東部への登山、土佐矢筈山は25年ぶりか。
(厳密に言うと仕事としてツキノワグマ調査を行っていた時には
 この山域に年間30日近く行っていたのだが獣道しか使わないし
 ピークハントもしないので登山とは常識的にもかなり言い難い)

6時半に加茂出発、参加者は前回寒風山と同じY・F両氏。
五王堂から県道49号線に入ろうとしたら通行止め看板。
迂回路はあったのだが入り口以外は実に不案内で一時迷ってしまった。
明賀からは積雪があり登山口手前400mで断念、戻って標高1,215m付近に駐車する。
もっと500mほど手前に一台駐車しており、先行者の様子。
s-IMG_1869.jpg
9:24 準備完了して出発。
とりあえずアイゼン・ワカン・ピッケルは装着せずに持参する。
アルペン用のストックも持って行く。

s-IMG_1870.jpg
行く手に見える土佐矢筈山。

s-IMG_1872.jpg
頂上直下で森林限界を超える、素晴らしい景色。
この手前でどちらにするか迷ったが南斜面なのでワカン装着。

s-IMG_1878.jpg
11:05 土佐矢筈山山頂。
強風なので体感気温はかなり低く推定−15℃以上かと。
休憩もそこそこに退散、小規模ながらデブリも確認したので
小木曽山への西進は諦めて引き返す。

s-IMG_1880.jpg
帰路わがままを言って山頂付近から見えていた植林に寄り道。
標高1,250m付近の広葉樹林帯から多数のクマ剥ぎ跡を確認。
推定だが樹齢と風化具合から10〜15年程度前のものだろう。
12:36 駐車地点に帰る。
posted by 加茂のヤクザ@管理人 at 21:51| Comment(1) | TrackBack(0) | 沢登り・登山