2018年07月13日

2022 カタールへ向けて

自分も初戦vsコロンビアがすべてだけれどどうやっても引き分けが限界。
下手すれば全敗で勝ち点すら奪えない可能性大と思っていた。
むしろFIFAランクの計算方法で過大評価されているポーランドが
与し易しと思っていたのだが結果はご覧の通り。

グループHはワールドカップ優勝国のいない
いわば授業料免除の組だったというのは事実だった。
様々な要因が重なって予選突破したもののまだ壁は厚い。
フランスですら痛い目にあっている。
4年後のカタールに向けての日本代表をどうするのか。
まずは日本サッカーの方向性を定めるべきで
西野監督とともに辞めるべきは迷走した最大の責任者の親分だろう。
スポンサーの顔色をうかがっての国内の親善試合なんぞ捨てて
(どうせ相手は二線級か二流国しか来ないのだし)
遠征しての親善試合のほうがはるかにマシである。
国内のくだらん試合に招集される海外勢の負担がどれだけ大きいか
選手は博打の駒ではない、これを繰り返すのなら先はない。
posted by 加茂のヤクザ@管理人 at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー

2018年04月09日

ハリルホジッチ解任

日本らしいパスサッカーに拘って惨敗したので
弱者が強者に挑む世界標準での戦い方を
考えた上での招致ではなかったのか。

アジア視点での戦い方から抜け出せない選手と
一気にその上の視点を落とし込もうとする指揮者と
たしかにミスマッチはあったがこれが産みの苦しみになるのか。
少なくとも2ヶ月ではその埋め合わせにはならない。
posted by 加茂のヤクザ@管理人 at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー

2015年08月02日

2015東アジア杯 北朝鮮戦

何の収穫も見いだせない惨敗、その一言に尽きる。
2ステージ制に救われただけの浦和サンフレッズ勢を主力にしただけで
(某XンX王子が離脱してくれただけマシだったが)
お先真っ暗なのに加えて残りも酷すぎた。
川又・永井は先発としてはこの程度の相手でも通用しない。
おまけに交替で入った連中の惨状ぶりが拍車をかけた。

国内組だけでの代表招集しかできない事情があるのなら
中途半端に海外失格組を交えるよりも
純粋国内勢だけで何かしらの希望を見せて欲しかった。
posted by 加茂のヤクザ@管理人 at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー

2014年12月17日

2014年4月 いざフォルラン!

20140430223802.jpg
まさか本当に来るとは思わなかったが
来たからには何が何でも観に行くしかないというわけである。

20140430224634.jpg
やはりギアが入った時の動き出しはまったく別物。
見た感じでは柿谷が不調というわけでもなく
とにかくフォルランを生かす動きをチームとして統一していた。
(ここを徹底マークされた時の戦術がやや不安ではあったが
 結局その心配は結果的に的中したことになる)
惜しむらくはつまらない失点で勝ちゲームを落としたことか。
まあヴィッセルもフォルラン一人にディフェンス2枚をつけざるを得ず
いくら好調とはいえこうなるとホームでも厳しいかと。
posted by 加茂のヤクザ@管理人 at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー