2017年03月06日

京セラ TORQUE X01

6年余にわたり修理に修理を重ね修理対応期間も終了した
私のガラケーG'zONEは遂に再起動を繰り返したあげくほぼご臨終。
代替機種もないので半ばヤケクソ投げ出し状態で放置していた。

s-IMG_5161.jpg

とはいえさすがに苦情も殺到していた矢先に
後継機種として京セラ製「TORQUE X01」がauから発売。
意地もここまでと機種変更したのだが・・・・。

G'zONEは実によくできたガラケーで以下の用途であれば最強だった。
1 頑丈(外仕事メインの人間にはこれしかなかった)
2 通話がほぼ全て(Eメールやネットはどうでもよい)
3 電池持ち(隠れた利点がこれ)

製造元のカシオはこの分野から撤退したので京セラ製になるのは仕方がない。
よってインターフェースが違うのは諦めるとしても
1 結局の所Androidを搭載した中途半端なスマホ
2 1故におきてくる料金プランの貧弱さ
3 電池消耗(G'zONEのほぼ半分)

特に2の料金プランの問題は実に切実で一考を要する。
カケ放題にするとデータプランがほぼ一択となってしまい
従量課金の恐ろしい無制限プランかもう一つ
500kb以上使わなければゼロで使うと上限四千いくらとかいうプランで
一見お得に見えるがこれが悪魔のように曲者な料金プランである。
何もしていないのに機種変更わずか一日半で250kbも消費してしまったが
これは内蔵されているアプリの自動アップデートによるものらしい。
結局Wifi以外のネットワーク接続を全て無効に設定して
(要するに自宅の無線LANか公衆Wifiしか使えないようにする)
料金加算をやめるしか選択肢がなかった。

まあ今更数少ない非スマホユーザーに対して従来のOSを更新して
新機種を販売するメリットはないからAndroid搭載となったのだろうが
もう少し作り込みをする余地はあったのではないかと思う。
これしかないからこれにさせられたという感じはつきまとう。
posted by 加茂のヤクザ@管理人 at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月03日

2017 ソルファ小田その2

s-IMG_5163.jpg

今シーズンの滑り納めっぽいかなと思いつつソルファ小田へ。
仕事の合間と寒波到来が重なったが予想通り。
久万高原町(旧柳谷村)からR440経由で内子町(旧小田町)ソルファ小田へ。
県道は思ったより積雪と凍結があった。

s-IMG_5164.jpg

ガスがかかっていたので展望は良くなかったが雪質はまずまず。
8時半のリフト営業開始から昼過ぎまで休憩なしでがんがん滑る。
13時前から雪が腐ってきたので昼食と車で昼寝。
14時半から少し締まってきたので再び滑り出す。
結局17時の営業終了まで。
posted by 加茂のヤクザ@管理人 at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー・スケート

2017年02月23日

仁淀川グルメ 味処おさき カツサンド

仁淀川沿いにいくつかあるお薦めグルメスポット。
グルメと言うほどの難しいことではない単なる食事処が多い。

仁淀川町(旧吾川村/旧々大崎村)大崎の「味処 おさき」。
東京の有名店からIターンした店主の豚カツは絶品で
豚カツ以外の揚げ物や仕出し・皿鉢・注文弁当なども手抜きなし。
ランチタイム(11:30-13:00)に出るAランチ(ロースカツ)\600というのは
コストパフォーマンスが最高。
その他日替わりのB/Cランチも\500で串カツや海老フライなどがある。
ランチの小鉢や味噌汁もきっちりしたものを出してくる。

s-IMG_5156.jpg

しかしこのお店の実力がわかるのはメニュー外のカツサンド\500。
元々は宴会の皿鉢料理に載せていたものらしいが
単品での要望も多くていわゆる裏メニューでの提供となっているそうだ。

s-IMG_5157.jpg

最低限前日予約(状況によっては2日前)でしか提供できないそうだが
このカツサンドはAランチ以上の絶品。
posted by 加茂のヤクザ@管理人 at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | マイグルメ

2017年02月17日

エラン RACE GSX 感想その2

エラン RACE GSX の滑走感想について。

ソルファ小田は約1kmのコースがあるとはいえバリエーションはない。
花見山だと最長2.5kmのほかにもざっくり5コースある。

やはり圧雪されていないコブだらけの狭いコースでは厳しい。
まあラディウスが19.8になっているだけの純GSモデルなので
スピードが乗らないとターンのきっかけに苦労するのは当然。
大回りのできるバーンなら圧雪されていなくても多少のコブは平気だ。
トップを早めに切り込んで板全体に加重すれば思いのほか曲がる。
ここで内エッジを引っかけるとかなり暴れん坊になってしまい
エラン自慢のアンファビオ(左右非対称)のデメリットが一気に出る。
どちらかというとアンファビオ自体がSL向けではないかと感じるものの
基本に忠実に加重抜重をしていれば良いレース板ではないだろうか。
posted by 加茂のヤクザ@管理人 at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー・スケート

2017年02月14日

花見山

久しぶりに四国を出て本州へのスキー場へ。

s-IMG_5140.jpg

向かったのは花見山スキー場(島根県)。
リフト2本だが地形を利用してコース距離は長いし穴場という噂。
島根県とはいえ高知県からだと新見IC経由なので感覚的には岡山県。
自宅からほぼ4時間弱というところか。

事前に少し情報収集はしておいたがその通り。
リフト自体は短いが地形を利用したコースレイアウトで楽しめた。
ボーダー比率が圧倒的で7:1くらいの感じ。
穴場との噂通り空いていて恐らく四捨五入して三桁に届くかどうか。
Facebookこそあるもののやる気のなさげなWebサイトは不安だったが
個人的には気に入ったスキー場になった。

まったくの初心者には楽しめないのは高確率で保証するが
それ以上のレベルならばコースレイアウトが巧みなので
スキーヤー・ボーダーでも楽しめると思った。
(難を言えばコース表示等が皆無なのではせめて要所には欲しいし
 林間コースの入り口はボーダーにはレベル問わず相当厳しい)
posted by 加茂のヤクザ@管理人 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー・スケート