2018年05月03日

スラットナー その3

スラットナーはアルペン用スキー板に進出してまずは日本で先行発売。
これは高梨の履くジャンプ板と全く同じデザインで
各レベル別に揃えているものの肝心のスラットナー自体が知られていないし
そもそも高梨の板というイメージで売り出したいのなら
圧倒的にアダルト層の多い日本のスキー市場では
アルペン競技の実績が皆無なのでデザイン以外にアピールがなく
求めているユーザー層とは合致しないのではないだろうか。

気にかかるのはスラットナーアジア社の事業概要の中に
スキー場の運営管理もあることだ。
元々は加森観光が先鞭をつけたリゾート再生だが
この数年はマックアースが派手に勢力拡大をした。
しかし急激に撤退を続けもはや尻すぼみ状態である。
この事業にメーカーとして参入するというのはリスクが大きすぎる。
そもそも製造メーカーが関わるとろくな結末にならないのは世の常である。
スラットナービンディングの技術を見ると職人としての腕は素晴らしいが
組織という物は組織として成り立った瞬間にその意義を別に見いだす
つまり組織の存続がその最大の目的となる
その悪しき前例をなぞらなければ良いのだけれど。
posted by 加茂のヤクザ@管理人 at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー・スケート

2018年04月26日

2018 カヌー下見

今シーズンに向けてのコース下見を行う。
青潰から日ノ瀬まで。

s-IMG_6328.jpg

s-IMG_6329.jpg

来シーズンは県外ド素人業者に全てを委ねるという暴挙確定の中
せめて今シーズンのお客様には楽しんで貰いたい。
来シーズンはまず営利第一のツアーになることだけは保証する。
8年間で培ってきたノウハウやガイドラインを一方的に提供する気はないし
もはや不信感のみしかない状態なのでその話し合いすら応じるつもりはない。
今まで一緒にやってきたガイドでもそのノウハウを持ち出すのなら
正直警察沙汰になろうがどうなろうが容赦はしない。
人をここまでコケにして知らんぷりの役人達よ
仁淀ブルーから血の色の仁淀レッドに染まるぞ。

マスコミはこの点をまったく報道する気は無く
「良い話だけを聞かせて欲しい」の一点張り。
posted by 加茂のヤクザ@管理人 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月19日

五在所山 谷ノ内ルート

谷ノ内から五在所山への登山ルートを試走。
某山岳会の方と一緒に歩き感想を聞く。

08:56 谷ノ内登山口出発
10:26 十田峠
11:02 五在所山 昼食
11:50 出発
13:10 谷ノ内登山口着

s-IMG_6326.jpg

五在所山から見た石鎚山
posted by 加茂のヤクザ@管理人 at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月10日

山菜三昧

岩柄で山菜採り。
ウドとタラの芽を採って天ぷらに。

s-IMG_6305.jpg

先週末に雪が降ったので影響を心配していたが
霜と違ってほとんど影響はなく美味しくいただいた。
posted by 加茂のヤクザ@管理人 at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 池川のこと

2018年04月09日

ハリルホジッチ解任

日本らしいパスサッカーに拘って惨敗したので
弱者が強者に挑む世界標準での戦い方を
考えた上での招致ではなかったのか。

アジア視点での戦い方から抜け出せない選手と
一気にその上の視点を落とし込もうとする指揮者と
たしかにミスマッチはあったがこれが産みの苦しみになるのか。
少なくとも2ヶ月ではその埋め合わせにはならない。
posted by 加茂のヤクザ@管理人 at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー